Khugsvul
Khugsvul

press to zoom
Khugsvul2
Khugsvul2

press to zoom
Senkina
Senkina

press to zoom
Khugsvul
Khugsvul

press to zoom
1/10

史上最大の生物大量絶滅事件

 

古生代・中生代境界 (約2.5億年前) で、史上最大規模の生物大量絶滅事件が起こりました。その原因はまだよくわかっていません。研究室では、その原因とプロセスの解明に向けて研究を行っています。主なフィールドは日本、中国、クロアチア/スロベニアです。

後生動物の出現・多様化

 

約6.4-5.1億年前 に主要な動物の出現と急激な多様化がおきました。いわゆる「カンブリアの爆発的進化事件」で、そのすぐ後のオルドビス紀にも動物の多様化/大型化がおこりました。研究室では、この動物進化の大事件の原因解明を目指しています。主なフィールドは中国、ロシア、英国、エストニアです。

 

沈み込み帯の

テクトニクス・造山運動

 

プレート沈み込み帯で起きているテクトニクスや造山運動を調べています。その目的は、大陸成長の一般的パタンの解明です。研究対象地域は、日本列島、北米西岸、北米東岸、ロシアなど世界各地のフィールドです。

 

磯﨑研activity

Nov. 18  「化石」PR特集号解説. 受理

Nov. 8-10  九州調査(磯崎・佐藤OB・吉田)

Nov. 5  Isozaki et al. Bull. Nat. Mus. Nat. Sci. 受理

Oct. 25 中野ほか 地学雑誌 印刷  

Oct. 11-15  佐藤友彦OB 国科博にて測定

Oct. 11 Isozaki (2021) Paleontological Research 印刷 

Sept. 27 - Oct. 1 国科博 測定 吉田

Sept. 23 Gastaldo et al.  印刷  Frontiers Earth Science.

Sept. 14 Nechaev et al.  印刷  Island Arc.

Sept. 13 Gastaldo et al. Frontiers in Earth Science 受理 

Sept. 11 Nechaev et al. Island Arc 受理

Sept. 4-7 地質学会@オンライン 参加発表(磯﨑)

           "始新世日本に起きた2回の地殻改変イベント:古第三系砂岩の後背地年代解              析からの予察" 磯﨑行雄、中野智仁、長谷川遼、 Godot Juliana、堤之恭、

    可児智美

Aug. 16-20 国科博 測定 吉田

Aug. 13 Kani & Isozaki  Frontiers Earth Science 受理

July 18 地質学会Zoomショートコース(磯﨑)

    "吾書くゆえに吾あり:論文執筆についての超個人的視点"

July 12-16 国科博 測定 吉田

June 13 Kono et al., Unique lowermost Cambrian small shelly fossils (SSFs)

           from eastern Yunnan, South China: a new clue for the early

           diversification history of animals. Paleoworld 印刷

June 14-18 国科博 測定 吉田

May 30-Jun. 6 JpGU@オンライン 参加発表 (磯﨑、吉田)      

     "日本の古第三紀前弧砂岩の砕屑性ジルコン年代組成と始新世中頃の非可

     逆的変化:MTLの出現時期"、 磯﨑行雄、堤之恭、中野智仁

     "初期太古代炭酸塩岩の地質学的産状と化学組成から解読する海洋中の生

     命と生命必須元素組成の共進化"、吉田聡、澤木佑介、小宮剛

May 27 中野(OB)ほか 地学雑誌 論文 受理

May 24-25 国科博 測定 吉田

May 13 Isozaki   Paleontological Research 受理

Apr. 30 吉田 深田研究助成 採用

Apr. 22 河野 東京大学から学術博士授与(祝!)

​Apr. 10 Saitoh et al., Multiple sulfur isotope chemostratigraphy across the

           Permian-Triassic boundary at Chaotian, China: Implications for the

           sedimentary sulfur cycle and bioturbation at the end-Permian. 

           Island Arc 印刷

Apr. 1 吉田聡 ポスドク採用

Apr. 1 磯﨑 特任研究員採用

Mar. 31 河野 実践女子大学附属中学校 非常勤講師 採用(祝!)

Mar. 31 磯﨑 定年退官

Mar. 17 河野 博士論文発表会

Mar. 17 斎藤OB Island Arc 論文 受理

Mar. 13 磯﨑 最終講義(ハイブリッド)

Feb. 25-27 九州調査(磯崎、中野)

Feb. 25 石坂ほか 地学雑誌 印刷

Feb. 25 河野ほか 地学雑誌 印刷

Feb. 19 河野D論提出

Feb. 3 Kono et al.  Palaeoworld 受理

Feb. 2 石坂 M論発表

Feb. 2 Saitoh & Isozaki, Carbon isotope chemostratigraphy across the

          Permian-Triassic boundary at Chaotian, China: Implications for the

          global methane cycle in the aftermath of the extinction.  Frontiers Earth

          Sci. 印刷 

Jan. 27 Onoue et al., Deep-sea anoxia in Panthalassa during the Lopingian

          (late Permian): Insights from redox-sensitive elements and multivariate

          analysis. Frontiers Earth Sci. 印刷

Jan. 27 中野 M論発表

Jan. 15 Sawada et al., New geochronological constraints on the middle

          Archean Shurugwi greenstone belt toward an understanding of the

          crustal evolution of the Zimbabwe Craton. African Earth Sci. 印刷

Jan. 15 中野 M論(審査用)提出

Jan. 14 石坂M論提出

Dec. 8  Onoue et al. 論文 Frontiers Earth Sciemce 受理

Dec. 1 Saitoh (OB) & Isozaki  Frontiers Earth Science 論文 受理

Nov. 25-27 国科博 測定 中野

Nov. 26 博士論文予備審査修了 河野

Nov. 15 地質学雑誌 磯﨑ほか論文 印刷

過去のニュースはこちら。

さて次は.jpg

12/2:
更新しました!

アクセス・連絡先

東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻

広域システム科学系 磯﨑行雄研究室

〒153-8902 東京都目黒区駒場 3-8-1

東京大学駒場キャンパス 16号館 826A

磯崎行雄